ガールズバーは時給制?ノルマやペナルティはあるのか

ガールズバーにノルマやペナルティは存在するのか?それとも時給制のみ? - ガールズバーのノルマについて

新着情報

◆2015/09/02
ガールズバーのノルマについての情報を更新しました。
◆2015/09/02
ガールズバーのお仕事選びは出来る範囲で選ぼうの情報を更新しました。
◆2015/09/02
ガールズバーを本当に楽しむために必要なことの情報を更新しました。
◆2015/08/20
運営者情報の情報を更新しました。
◆2015/08/20
特殊なルールのあるガールズバーには気をつけようの情報を更新しました。

ガールズバーのノルマについて

水商売と言えば、やっぱり気になるのがノルマですよね。
基本的に水商売のようなナイトワークの場合は、ノルマが設定されている事が殆どでそれを達成できないと給料がペナルティとして安くなってしまうこともあるんですね。
ガールズバーでは、そういった水商売特有の個人ノルマというのはどうなっているかを紹介しましょう。

ガールズバーのノルマについて

これに関しては、あるところとないところがありますのでお店によるとしか言えませんね。
しかし、原則としてはガールズバーはどちらかというとノルマがあるお店の方が少ない傾向にあります。
ガールズバーのノルマとなると、やはりドリンクバックが対象になる事が多いのですが、このドリンクバックシステム、実はガールズバーの営業方針において違法スレスレというか片足突っ込んでいる物なのです。
ガールズバーは、基本的に飲食店の分類でありキャバクラのような接待をするための接待遊飲営業許可証がないと営業出来ないタイプの営業はしていけないのです。
店員がお客さんと飲食をする、というところに若干触れているので摘発されることもある要素なんですね。

ノルマの有無を確認するためには

これに関しては、大体の場合は求人にノルマの記載がなければ大凡はないと思っていいでしょう。
rgeargae
しかし、中には求人には書いていないだけで面接の時にノルマの事を改めて説明するというようなお店もあるんですね。
だから、面接を受ける前に必ず記載がない場合は自分でノルマの有無を聞いておくといいでしょう。
記載もしていないのに、ノルマがあるというようなお店はあまり管理能力が安全なお店とは言い難いので、自分が働く先からは外しておいた方が無難かもしれません。
ガールズバーというお仕事は、最近のナイトワークの中でもカジュアルに働く事が出来るタイプの業種です。
しかも、シビアなところはなくかなり楽しくお仕事をすることができるほか、お店の中でノルマなどを設定されている事もなく営業などをしなくてもいいので完全時給制度になっているのです。
だから、周りの同僚の人と競争をしなくてもちゃんと給料が確保されるので、がっつくような努力をしなくていいんですね。

ガールズバーは出勤時間だけ頑張ればいい

キャバクラなどのお仕事は、お金をしっかり稼ぐためにはどうしても営業メールや同伴出勤と言った常連が何度も指名をしてくれるような努力をしなくてはいけないのです。
だから、お店に出ている時以外でも仕事に関係するようなことをやらなくてはいけなかったりして、プライベートの時間が削られやすくなってしまいがちです。
しかし、ガールズバーにはノルマも営業もありませんので、お仕事に出ている時だけ頑張ればプライベートはお仕事の事に悩まされずに自由に居られるのです。

ガールズバーにはペナルティもなし

キャバクラなどによくあるような、ノルマを達成できなかった人には言及などのぺナルティという制度がありますがガールズバーにはそもそもノルマという物がありませんので、仮に達成できなかったとしても特に問題はないのです。
勿論、お店の中での月の営業努力や営業目標などはありますから、お店が繁盛するように頑張るのに越したことはないです。
ガールズバーというのは、チェーン店ではありませんのでしっかりと利益を出していかないと、お給料が貰えなくなってしまうということもありますからね。
お店の売上、という物を気にした努力は必要です。